お灸のやり方・透熱灸の動画を作りました。

お灸のすえ方・透熱灸のやり方

お灸のやり方・透熱灸のやり方 pdf ダウンロード 

↑こちらをクリックするとダウンロードページが開きます。

準備するもの

お灸 ツボ

・透熱灸用のもぐさ

・線香 (青雲など)

 ・ライター 灸点ペン(赤鉛筆や水性ペン)

・綿棒

・紫雲膏・馬油など

・カット綿 (消毒用エタノールを浸したもの)

・灰皿

 

施灸手順

①目的のツボを探す。

ツボに灸点ペンで印を付け、綿棒で紫雲膏をツボに少量塗ります。

灰皿を脇に置いて、線香に火をつける。

もぐさを半米粒の大きさに(円錐形)に捻り、ツボに立てる。

線香で、もぐさに火を移す様に点火。

半分程燃えた所から、消火(ゲートコントロール)を行う。

一壮目はもぐさの底面が燃えないところで消火し、二壮目からは底面まで燃やす。

最後にカット綿花に消毒用エタノールを浸し、ツボの墨などを拭いて落とす。

刺激が強く入り過ぎた時には、ツボに紫雲膏を塗って置くのも良いでしょう。

 

『ゲートコントロール』とは

熱の刺激を緩和させるための技法で、右人差し指と親指の腹をくっつけ、燃えているもぐさの両脇を押さえます。

また、もぐさが燃えるのに必要な酸素の量を減らし速やかに消火出来ます。

もぐさが消えても、すぐに離さないのがコツです。

熱さや痛みの刺激を伝える神経は細く、伝導速度が遅く、もぐさが消えても熱さは遅れて感じるため、脳が熱さを感じ終わるまで、指を離さない様にします。

家庭で簡単に出来る間接灸は、ゲートコントロールが出来ないため、熱さを感じやすく、 熱過ぎるときは、我慢せず直ぐに外して下さい。

もぐさは左手の親指と人差し指で捻りますが、出来るだけ軽く捻ります。

強く捻ると燃焼速度が落ち、また、燃焼温度も高くなるため、刺激が強くなってしまいます。

 

例 右手が利き手の場合

右手の人差し指と中指で火をつけた線香を持ち、左手の親指と人差し指でもぐさを捻る。

右手の親指と人差し指でもぐさの先を摘み取りツボに立てる。

右手の線香でもぐさに点火し、頃合いをみて右手の親指と人差し指で消火(ゲートコントロール)。

コツは右手の親指と人差し指の隙間を小さくすることで、酸素が入りにくくなるので、消火速度が速まる。

更にもぐさが燃え尽きてもすぐには指を離さない。

 

お灸を数える単位は一壮、二壮と数えます。

灸を据える数の目安としては、三壮、七壮、二十一壮、三十一壮と適宜変えていきます。

灸の本などを参考にしてみて下さい。

一番いいのは鍼灸師のアドバイスを受ける事です。

施灸の仕方はいくつかの方法が有りますが、透熱灸の方法を紹介しました。

 

お灸をする上での注意点

◆お灸をしていけないとき

・お酒をのんだとき ・発熱、疲れのひどいとき

・糖尿病、ベーチェット病など、皮膚が化膿しやすい病気の方

・感染症の病気にかかっている方

・出血性の病気にかかっている方

・非常に高い高血圧症の方、変動の激しい高血圧症の方

・感覚神経障害によって温度感覚が消失・低下している方

◆お灸を据えるのを避ける時間帯について

・食前食後の 1 時間以内

・空腹時

・お風呂の前後 1 時間

・運動の直後 以上を避けて下さい。

※汗・水分など湿り気が肌に多い場合、水泡ができやすいこともありますので、お風呂・運動直後は避けましょう。

◆もしお灸あとに水泡が出来た場合はやぶらない

お灸あとがひりひりしたり、水泡がやぶれていなければ、紫雲膏や馬油などを塗っておきましょう。

◆お灸の痕がはがれたり・水泡がやぶれた時 

きれいに消毒してください。 お灸の再開は、その傷口が治ってからにしたほうが無難です。

◆お灸をしてはいけないところ

・顔、粘膜部は避けましょう。

・透熱灸は、おへそにはしてはいけません。

・妊婦のおなかにはしてはいけません。

妊娠 5 ヶ月以上になれば、おなか以外は可ですが、刺激をしてはいけないツボもあるので、産科に詳しい鍼灸師に一度相談しましょう。

◆灸あたりについて

稀に、お灸をしたあとに熱が出たり、からだがだるくなったりすることがあります。

このような現象を「灸あたり」といいます。

水泡・灸あたりは、多くはお灸をした翌日から 2~3 日後にかけて現れます。

このような時は、お灸は一旦中止し、症状(熱やだるさ)がなくなってから再開をして下さい。

また、もぐさの量や壮数(回数や据えるもぐさの数)を減らしましょう。

◆お灸は我慢してすえるものではありません。

1 日 1 回。2~3 日間続け 1 日休み。を最低 1 ヶ月続けてみましょう。

くれぐれも、火事にならないよう火の取り扱いに注意して行ってください。

このテキストを読んでお灸を実践して頂く方のご健康の一助となれば幸いです。

※このテキストをもとでの施灸の実践は、すべてご自身の自己責任で行って頂き、火傷や火事、その他のトラブルなど、当方は一切の責任を負いませんので何卒ご了承ください。

 

当院のご紹介

オリーブ治療院は美容鍼、ビワの葉温灸、鍼灸、マッサージを行う、東京、渋谷区、幡ヶ谷の鍼灸治療院です。

美容鍼の効果を提供いたします。

鍼灸が初めての方も安心してご来院下さい。

営業時間 月~土 11:00~21:00(受付 20:00 まで)

日・祝 休診 完全予約制

03-3370-1572

東京都渋谷区幡ヶ谷 2-3-10 三珠ビル 203

京王新線「幡ヶ谷駅」北口徒歩 3 分